裁判が必要

具体的にB型肝炎給付金を受け取るにはどうすればいいのかということですが、B型肝炎給付金を受給するには裁判を起こす必要があります。国が給付の対象としているのはあくまでも集団予防接種などによる感染者であり、それ以外の感染者については対象外としています。

そのため、それを見極め審議するために裁判というステップを必要としているのです。

裁判所において救済要件に合致しているかどうかを証拠に基づいて確認していくことになりますし、国を相手に国家賠償請求を提起し国と和解しなくてはなりません。こう書いてしまうと難しそう、面倒くさそうと思ってしまうかもしれませんが、確かに自分でこれらの手続きをするとなるとかなり面倒です。

手間も時間もかかるでしょうし、裁判の手続きなどほとんどの方がやったことがないでしょうからどうしても時間がかかるでしょう。

ただ、多くの方は弁護士に依頼してB型肝炎給付金を受給していますし、基本は弁護士に依頼することになります。

B型肝炎の訴訟に強い弁護士もたくさんいますから、まずはそうした弁護士に相談してみると良いでしょう。法律事務所をあげてB型肝炎給付金訴訟に取り組んでいるようなところもあります。

給付金受給資格